KATO

KATO 381系 ゆったりやくもパノラマ編成 実車紹介とレビュー(カトー 10-1451)



現在、381系で運行されている特急「やくも」は、2024年春以降に273系に置き換えられる予定となっており、いよいよ元祖振り子電車の381系にも引退の時が迫ってきました。


今回は、最後の活躍を見せている381系やくもについて、2016年に撮影した実車の紹介と、当車両センターに在籍している381系ゆったりやくも(KATO:10-1451)を見ていきたいと思います。



実車紹介



2016年8月に青春18きっぷの旅をしてたときのこと。

米子駅に降りたつと、そこには発車しようとしているゆったりやくもカラーの381系がいたんです。

多客期だからでしょうか。堂々の9両編成となっていました。



うおっ、9連の381系スゲー!

最後尾のクロ380の後追い画像です

興奮しながら慌ててカメラを向ると、次の瞬間、381系はゆっくりと発車していったのです。

先日、撮りためた画像をみていると、たまたまその時の動画がでてきたのでご紹介したいと思います。



実車編成



急いで動画に収めたため、画像が荒いですがご容赦ください。。。

また、画像がブレていて、判読可能な範囲で車番を記載していますが、間違いがあるかもしれません。。。




1両目は、恐らくクハ381-138と思われます。
こちらは塗装も比較的綺麗ですが、2両目のモハは色が少し褪せているようです。

クハ381-138



2両目は、モハ381-83と思われます。
窓周りの帯が色褪せしてますね。

モハ381-83



3両目は、モハ380-283と思われます。
2両目と同様、こちらも色褪せしています。

モハ380-283



4両目は、恐らくクモハ381-502と思われます。
3両目のモハは色あせていますが、こちらのクモハは比較的色は綺麗でした。

クモハ381-502



5両目は、モハ380-81と思われます。
クモハ381-502とMM’ペアを組んでいますが、こちらの方が若干色褪せているように見えます。


モハ380-81


6両目は、恐らくサハ381-229と思われます。塗装の色褪せはないです。
このサハは、もともとサロで運用していたものを普通車に格下げした車両で、窓のセンターピラーが特徴の編成アクセント珍車です。

サハ381-229



7両目は、恐らくモハ381-71と思われます。
6両目と同様、こちらも色褪せは派生していません。

モハ381-71



8両目は、恐らくモハ380-71と思われます。
この車両は色褪せが目立ち、ところどころ補修せている姿が少し痛々しいです。

モハ380-71



最後尾9両目は、クロ380-6と思われます。
画像ではわかりにくいですが、側面窓周りの塗装が色あせています。

クロ380-6



当時目撃した編成は、

クハ381-138
モハ381-83
モハ380-283(元モハ380-83
クモハ381-502(元モハ381-81→クモハ381-2)
モハ380-81
サハ381-229(元サロ381-29→サハ381-29)
モハ381-71
モハ380-71
クロ380-6(元サロ381-26)

だったものと思われます。



製品レビュー



それでは、2018年に発売された「KATO 10-1451 381系「ゆったりやくも」6両セット」(※)についてみていきます。

購入当時、パッケージ開封のみ行い、試運転をしていなかったため、今回はライトチェックと走行チェックも行いました。


(※)本製品は2022年8月に再生産されていますが、私が所有し今回ご紹介するのは2018年に生産された初回ロットとなります。



KATO「10-1452」ゆったりやくも(ノーマル編成)についての紹介記事はこちら(まもなく公開予定)

関連記事




2023年3月発売予定の「やくもリニューアル編成」



「ゆったりやくも」仕様に改装される前は、グレーの車体色にグリーンとイエローの帯を巻いた塗装のやくもリニューアル編成となっており、2023年3月にKATOより新製品として発売される予定です。

メーカーHP
新商品(やくもリニューアル編成)の詳しい仕様や編成例をご確認いただけます
 10-1777 381系 「やくも」 (リニューアル編成) 6両基本セット
 10-1778 381系 「やくも」 (リニューアル編成) 3両増結セット


こちらの塗装は実物を見たことがありませんが、コレクションとしては加えたい製品です。先日、ついつい予約をしてしまいました。。。



商品を探す

今回紹介する製品です。

ノーマル編成はこちらです。



2023年3月新発売のやくもリニューアル編成です。




Nゲージ関連のオススメ記事

MicroAce

2024/7/14

マイクロエース 西鉄2000形(2021F)3扉化改造車 復刻旧社紋 6両セット レビュー(品番:A1897)2024年2月ロット

2024年2月、初回生産の2006年12月から約17年ぶり(※)に西鉄2000形が生産されました!(※ ) A1890は2012年1月の再生産から約12年ぶり今回は、西鉄2000形の全6編成のうち、さよなら運転で最後の花道を飾った2021F編成(A1897 復刻旧社紋)を取り上げます! 前回生産品からは、 前面ガラス、前面装飾部品をスッキリした見た目に改良 動力のフライホイール化に合わせてM車を3号車(20X3)から4号車(20X4)に変更 パンタグラフを改良 などのアップグレードがなされております! 実 ...

ReadMore

MicroAce

2024/7/13

マイクロエース 西鉄2000形(2031F)3扉化改造車 Nishitetsuマーク 6両セット レビュー(品番:A1896)2024年2月ロット

2024年2月、初回生産の2006年12月から約17年ぶり(※)に西鉄2000形が生産されました!(※ ) A1890は2012年1月の再生産から約12年ぶり今回は、西鉄2000形の全6編成のうち、最後の2編成として2010年まで残り、さよなら運転をした2021Fより一足先に引退した2031Fを取り上げます! 前回生産品からは、 前面ガラス、前面装飾部品をスッキリした見た目に改良 動力のフライホイール化に合わせてM車を3号車(20X3)から4号車(20X4)に変更 パンタグラフを改良 などのアップグレード ...

ReadMore

KATO

2024/6/24

KATO 381系100番台「くろしお」 6両基本セット・3両増結セット レビュー(品番:10-1868・10-1869)2023年11月ロット

2023年11月に、KATOより381系100番台「くろしお」がリニューアル新製品として発売されました。2024年6月現在では今更感はありますが、開封記録として撮影したデータがありましたのでアップします。九州モノではございませんが、既に定期運用を終了した国鉄形振り子特急381系100番台となりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ。 <10-1868> 381系100番台「くろしお」6両基本セット <10-1869> 381系100番台「くろしお」3両増結セット ブログラン ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/16

グリーンマックス BEC819系300番代+5300番代(香椎線)4両セット レビュー(品番:31786)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> 左から<31783><31785><3178&g ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/13

グリーンマックス BEC819系5300番代(香椎線)2両セット レビュー(品番:31785)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> ブログランキングに参加しております。よろしければ、ワン ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/12

グリーンマックス BEC819系0番代+100番代(香椎線)4両セット レビュー(品番:31784)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> ブログランキングに参加しております。よろしければ、ワン ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/10

グリーンマックス BEC819系100番代(若松線・香椎線) 2両セット レビュー(品番:31783)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> ブログランキングに参加しております。よろしければ、ワン ...

ReadMore

MicroAce

2024/5/28

マイクロエース 303系 K01編成 トイレ設置後 6両セット レビュー(品番:A2872)2024年3月ロット

2024年3月、筑肥線・福岡市営地下鉄で活躍する303系がマイクロエースより発売となりました。マイクロエースの303系といえば、初回製品化は2008年ですが、その後永らく生産されておらず、この度16年ぶりの生産となっております。今回、久しぶりに生産された303系を各車アップにて撮影してみました。また、動力を分解してみましたので、是非最後までご覧ください! 左:<A1021>103系1500番代 復活国鉄色 3両セット、右:<A2872>303系 K01編成 トイレ設置後 6両セット ブログラン ...

ReadMore

MicroAce

2024/5/24

マイクロエース 103系1500番台 復活国鉄色 レビュー(品番:A1021)2024年2月ロット

2024年2月、復活国鉄色をまとい筑肥線・唐津線で活躍する103系1500番台がマイクロエースより発売となりました。マイクロエースの103系1500番台といえば、初回製品化は2007年とロングセラーモデルとなっていますが、今回発売の製品は一体どのような出来なのでしょうか?各車アップにて撮影してみましたので、是非最後までご覧ください! 左:<31786>JR九州BEC819系300番代+5300番代、中:<A1021>103系1500番代 復活国鉄色 3両セット、右:<A2872>303系 K0 ...

ReadMore

KATO

2024/5/6

KATO 787系(旧製品) 難易度高めのクモロ分解 <アラウンド・ザ・九州> 2011年11月ロット(品番:10-590)

KATOのロングセラーモデルの787系ですが、再生産の度に細かなリニューアルがされているのをご存じでしょうか?カプラーのアップデート(自連型KATOカプラー→ジャンパ管付き密連型KATOカプラー)、ヘッドライト色のリニューアル(オレンジLED→電球色LED)、パンタグラフのアップデート(線バネ付き→なし)など、少しずつアップデートされているんですね。その中でも、4両編成のアラ九が発売される前までの、いわゆる旧製品と呼ばれる時代(品番10-590以前の製品)のクモロ、クモハは、スカートパーツのかみ合わせの関 ...

ReadMore




パッケージ開封



まずは、パッケージ外観から。
KATO標準のブックケースとなっています。



紙スリーブの裏側です。



ブックケースの背表紙です。



紙スリーブを外しました。



パッケージ裏面です。
特に印刷等ないため、写真に収めても何がなんだかわからないですよね。。。



こちらが開封したところ。
説明書が見えます。2018年ロットですので、最新版の2022年ロットの説明とは、実車の紹介内容が若干異なっているようです。



説明書を取ると、車両保護用のプチプチが見えます。



車両保護用のプチプチをはずすと、車両たちが見えてきます。

上から、
●クロ380-7(元サロ381-27)
●モハ380-74
●モハ381-74
●モハ380-268(元モハ380-68)
●モハ381-68
●クハ381-142
となっています。


左上にはパーツコーナーがあります。
このセットでは、付属品は「トレインマーク変換用ドライバー」のみとなっております。

付属品がシンプルすぎて、Ready to Go状態です!


ゲンコツ型先頭車とパノラマ先頭車です。



付属のシールです。
各行先は拡大すれば読める精度です。(判読可能な形での撮影が難しかったので、こちらでご勘弁を・・・)



説明書を裏返すと、Assyパーツ一覧表となっています。

右下を見ると、2018年ロットであることがわかります。



サイドビュー



それでは、各車両のサイドビューです。

クロ380-7(元サロ381-27)


モハ380-74


モハ381-74


モハ380-268


モハ381-68


クハ381-142






ライトチェック



外観チェックの次は、ライトチェックをしていきます。


ヘッドライト、方向幕、LED愛称幕ともに綺麗に点灯してくれます。


テールライトも美しく点灯してくれますね。





ギャラリー


編成画像



クロ380-7を先頭にカーブを走行するゆったりやくも



クハ381-142を先頭にカーブを走行するゆったりやくも

381系といえば、やはりカーブでの振り子ですよね。

カント付きレール+KATO車体傾斜装置付きなので、とても実感的なカーブ走行を表現することができます。



ディテール



381系は自然振り子であり、空調関係も床下に設置されているため、屋根上はガーランドベンチレーターのみですっきりとしています。

車端部の「ゆったりやくも」のロゴ(画像中央)も綺麗に表現されていますね。



走行シーン



つたない動画ですが、よろしければご覧ください。


クロ380-7を先頭とした走行シーン


クハ381-142を先頭にした走行シーン




まとめ



KATOさんのゆったりやくもは、誰がどうみても381系と思える非常によい仕上がりとなっています。

後付けパーツも行き先方向幕のみであり、買ったらすぐに眺めても良し、走らせても良しの素晴らしい内容です。
車番もしっかり印刷され、前面方向幕も綺麗に光ってくれます。


TOMIXやKATOのカント付きレールで走らせてあげると、車体傾斜装置と相まって、ニヤニヤするほどの実感的な走行シーンを楽しむことができます。


いよいよ有終の美を迎えようとする381系。
実際に引退となると、とても寂しいと思いますが、模型の世界では永遠にその姿の眺めることができます。

381系ファンの方や、山陰特急ファンの方は、是非そろえておきたい一品かと思います。




今回は、以上となります。
最後までお読みくださりありがとうございました。





商品を探す

今回紹介する製品です。

ノーマル編成はこちらです。



2023年新発売のやくもリニューアル編成です。

新商品の詳しい仕様や編成例などは、メーカーページからご確認いただけます。
 10-1777 381系 「やくも」 (リニューアル編成) 6両基本セット
 10-1778 381系 「やくも」 (リニューアル編成) 3両増結セット




-KATO