GreenMax

JR九州キハ200形(赤色・551+1551、赤色・13+1013+12+1012)が入線しました(グリーンマックス 31662、31663)


JR九州キハ200形(赤色)が入線しました。

・<31662>JR九州キハ200形(赤色・551+1551)2両編成セット(動力付き) 発売日:2022年12月
・<31663>JR九州キハ200形(赤色・13+1013+12+1012)4両編成セット(動力付き) 発売日:2022年12月


ライト・動力チェックを兼ねた試運転をしましたので、その様子をご紹介したいと思います。



2011年再生産時の下回り完全自社生産した際のキハ200についてはこちら

関連記事




KATO

2024/3/16

KATO 787系 <アラウンド・ザ・九州> 6両セット(旧製品) 2011年11月ロット レビュー(品番:10-590)

先日も787系アラ九(旧製品)に関する記事をUPしましたが、今回も、またまた787系アラ九(旧製品)の記事です。 これはデジャブでしょうか!?いえいえ・・・前回は2017年ロット、今回は2011年ロットのご紹介となります! いったい、前回の記事と何がちがうのでしょう・・・?気になる人はこの記事を読んでください!とはいっても、ロットの違い何て関係ないね!という方は、そっとこのページを閉じてくださいませ・・・(ほんとは読んでほしいけど) ということで、来る2024年6月に、両先頭車がクハの4両編成も加えた78 ...

ReadMore

KATO

2024/3/10

ロットの違いを徹底比較!KATO 787系(旧製品)<アラウンド・ザ・九州>6両セット 2011年Lot VS 2017年Lot(品番:10-590)

2024年6月予定で787系<アラウンド・ザ・九州>が再生産されますね。 みなさま、もう予約はされましたか? 最近のKATOさんの九州モノの傾向として、 品番を変えてもいいような再生産となる場合が多く、 787系アラ九の再生産も走行機器色の変更、シールが更新されるなど 前回生産品から結構変更があるので コレクターとしてはロット違いを集めたくなる内容となっています。 で、今回は 787系アラ九でも6両編成時代、旧製品の ロットの違いを見ていきたいと思います。 ちょっとマニアックな内容となりますが ...

ReadMore

KATO

2024/2/25

KATO 787系 <アラウンド・ザ・九州> 6両セット(旧製品) 2017年5月ロット レビュー(品番:10-590)

1990年代に発売されて以降、ロングセラーのKATO 787系ですが、 先日、来る2024年6月に<アラウンド・ザ・九州>の再生産がアナウンスされましたね! ということで、 今回は同じ787系アラ九でも一世代前の旧製品となりますが、 品番<10-590>2017年ロットをご紹介したいと思います! と、2017年ロットをご紹介する前に、 2024年6月に再生産となる現行の787系アラ九の話を少しばかりしたいと思います。 今回の787系アラ九再生産、2024年2月5日時点のメーカーHPでは スロッ ...

ReadMore

KATO

2024/1/14

KATO 885系(1次車)<アラウンド・ザ・九州>6両セット 2013年9月ロット レビュー(品番:10-246)

KATO<10-246>885系1次車アラウンド・ザ・九州ですが、 初回生産ロットと再生産ロットでかなりの違いがあるのをご存じでしょうか? 今回の記事では、初回ロットに焦点を当ててご紹介したいと思います。 この記事をご覧いただくと初回ロットの詳細がわかるとともに、 オークションやメルカリで中古を探す際に どちらのロットが好みであるのかの参考になるはずです! ぜひ、最後までご覧ください! ・・・で早速どちらが初回ロットでしょう? 続きを読めば、答え合わせができます! そんなことよりロットの違いを ...

ReadMore

KATO

2024/1/6

KATO 885系白いかもめ6両セット 2008年5月ロット レビュー(品番:10-410)

今回は885系1次車<白いかもめ>をご紹介したいと思います! KATO885系といえば ・1次車:白かもめ・アラ九・2次車:白ソニ・アラ九 が製品化されています。 なお、 1次車/白いかもめ2次車/白いソニック については、 発売からかなりの期間が経過しているため、 2024年現在、 新品で入手することは不可能かと思います。 どうしても入手したい!という方は ヤフオクやメルカリで見かけますので そちらをチェックしてみてください! ということで 新品在庫を見る機会のない885系1次車白いかもめに ...

ReadMore

KATO

2024/1/6

KATO 885系(2次車)<アラウンド・ザ・九州> 6両セット 2017年1月ロット レビュー(品番:10-1394)

今回は九州を代表する在来線特急 885系2次車<アラウンド・ザ・九州>をご紹介したいと思います! KATO885系といえば 直近では2022年6月に1次車<アラウンド・ザ・九州>が再生産されていますが、 2次車は今回ご紹介するアラ九が2017年1月に発売されて以降、生産されておりません。 なお、その前には885系2次車白いソニックが初回2008年10月、再生産2010年10月にされておりました。 ということで 新品在庫を見る機会が少ない885系2次車アラ九について フロント、サイド ...

ReadMore

KATO

2024/1/4

KATO 885系 1次車 vs 2次車 徹底比較 <アラウンド・ザ・九州>6両セット(品番:10-246 Lot2013、10-1394 Lot2017)

KATOから製品化されている 885系<アラウンド・ザ・九州> は、 1次車と2次車がそれぞれ発売されていることはご存じでしょうか? 何を今更・・・! と思われる方も多いと思いますが、 今回はそんな885系の1次車と2次車の違いをみていきたいと思います! ブログランキングに参加しています。 よろしければポチっと応援をお願いします! にほんブログ村 鉄道コム 鉄道模型ランキング モデル化されている編成について 【1次車の編成図】SM7編成 < < クロハ884-7 モハ885-107(M) サハ ...

ReadMore

GreenMax

2023/12/30

グリーンマックス JR九州 811系 ついに入線!(品番:31771、50758)

2023年6月に突如発表されたグリーンマックスの811系、2023年12月についに発売となりました! 811系ではグリーンマックス初となる という新機軸が盛り込まれ、 メーカーもTwitterやblog、店頭などで大いに宣伝しておりました。 ついに私の手元にもGM社811系が届きましたので、ポイントをかいつまいで入線速報をUPします! メーカーから試作品画像が出ていますが、実際の製品の出来栄えをご堪能いただき、 貴車両センターの年末年始の目玉として導入検討いただければと思います! 新発売のグリーンマックス ...

ReadMore

MicroAce

2023/12/17

マイクロエース キハ183系1000番台 ゆふいんの森Ⅱ世 リニューアル 4両セット 2006年10月ロット レビュー(品番:A8247)

九州で古くから活躍する観光特急といえば、 ハイデッカータイプのゆふいんの森号ですよね? これらの車両は、 キハ71系ゆふいんの森Ⅰ世キハ72系ゆふいんの森Ⅲ世 で運行されていますが、 その昔、 パノラマタイプの車両であるキハ183系1000番台が ゆふいんの森Ⅱ世として活躍していたのをご存じでしょうか? そして、そんなマイナーな車両が なんと、Nゲージで製品化されていたんです! 今回は「ゆふいんの森Ⅱ世」として活躍していた頃をモデル化した マイクロエースの製品をご紹介したいと思います! こちらの記事では ...

ReadMore

MicroAce

2023/12/16

マイクロエース キハ71系 ゆふいんの森Ⅰ世 リニューアル 4両セット 2006年11月ロット レビュー(品番:A2162)

前回の記事に続き、引き続きマイクロエース製のゆふいんの森Ⅰ世をみていきます! 今回は2006年11月発売のリニューアル4両セット(A2162)が登場します! 2006年にTOMIXと競作となり話題になった、マイクロエース ゆふいんの森Ⅰ世 リニューアル(A2162)をみていきます! JR九州のHPで実車が紹介されています ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援をお願いします! にほんブログ村 鉄道コム 鉄道模型ランキング ゆふいんの森Ⅰ世 2006年11月ロット の製品構成 JR九州で ...

ReadMore




実車について



実車は、登場当時、筑豊本線・篠栗線で「赤い快速」として運用され、香椎線など福岡近郊でもその姿が見られましたが、現在は大分、熊本、鹿児島地区での運用となっています。


製造元の日本車両のHPで実車の紹介がされています。



私自身、「赤い快速」としては、20年以上前になりますが香椎線で乗車した記憶がありますが、海ノ中道駅と雁ノ巣駅の間は長い直線があり、その時の加速感にワクワクしたことを覚えています。

また、指宿の砂むし温泉に行く際に、黄色のキハ200「なのはな」や、指定席としては「なのはなDX」にも乗車したことがあります。(なのはなDXはGMさんから模型化はされてないです。)


キハ58やキハ40が従来型の液体変速機を搭載しており、加速力はそこまでない反面なめらかな加速である一方、キハ200はグイグイ引っ張っていく今風の鋭い変速と力強い加速をするのが印象的です。

このあたりは、JR四国の2000系やJR東海のキハ85などと近い走りだったような印象です。(かなり古い記憶ですが・・・)


20年以上前のキハ200に乗車して以来、最近乗車機会がないです。先日、新阿蘇大橋にを見に行った際、赤いキハ200が阿蘇方面に上っていく姿を目撃しました。また乗ってみたいですね。


話が脱線しましたが、早速模型の方をみていきましょう!



製品レビュー


梱包の状況


こちらが届いた状態。

今回は通販サイトから購入。
段ボール二つありますが、左がキハ200の赤、右がキハ200のなのはなです。

段ボールの状態から、どちらも配送に問題はなさそうです。


それでは早速開梱です。
緩衝材が敷き詰められており、納品書が同梱されています。


緩衝材のフタをとると、プチプチに包まれた商品が見えます。
左がキハ200の赤(今回紹介)、右がなのはなです。

段ボールの四隅にも、しっかりと緩衝材が敷き詰められており、安心感の持てる梱包状態です。


左の段ボールから、2両セットの方を取り出すと、4両セットが姿を現します。
こちらもプチプチで厳重に梱包されています。


今回も安心感の持てる梱包でよかったです。



パッケージ開封



それでは、とどいた商品を開封していきます。
2両セット、4両セットそれぞれご紹介します。

<31662> JR九州キハ200形(赤色・551+1551)2両編成セット(動力付き)



まずは、JR九州キハ200形(赤色・551+1551)2両編成セットからみていきます。
メーカーの製品情報ページはこちら


パッケージは、グリーンマックス標準の2両セット用のケース。
いわゆる、VHSビデオケースタイプです。
(今の若い方は、VHSって何って感じでしょうが。。。)



こちらが開封したところ。
黄色い注意書きと、車両を保護するプチプチが敷かれています。



上がキハ200-551(M車)、下がキハ200-1551(T車)となっています。
付属品は前面貫通幌のみとなっています。




<31663> JR九州キハ200形(赤色・13+1013+12+1012)4両編成セット(動力付き)



次は、JR九州キハ200形(赤色・13+1013+12+1012)4両編成セットをみていきます。
メーカーの製品情報ページはこちら


パッケージは、グリーンマックス標準の4両セット用のケース。
3~4両用のブック型ケースですね。

グリーンマックスさんの場合、5~6両以上になると、TOMIXさんやKATOさん、MicroAceさんのブックケースと同じ大きさのA4サイズになります。(KATOさんも、4~5両用の小型ブックケースがありますね。)




紙スリーブを外した状態。
GreenMaxさんのブックケースは、開けるときの感触が少し固め。。。



おまけに、開き方向がトミックス、カトー、マイクロエース各社のものと、逆方向なんですよね。。。
で、ケースを開くといつものとおり、説明書が封入されています。



説明書の下には、いつものとおり、車両保護用のプチプチが二重に敷き詰められています。



上から、キハ200-13(T)、キハ200-1013、キハ200-12(M)、キハ200-1012となっています。
付属品は、幌が2つ、ドローバーが2種類封入されています。

できれば、連結はドローバーではなくて、最初期の下回りがTOMIXのOEC時代のように、TNカプラー標準にしてもらえるとありがたいんだけどね。。。



サイドビューと車内観察



それでは、各車両のサイドビューです。
こちらも2両セット、4両セット別にみていきましょう。

<31662> JR九州キハ200形(赤色・551+1551)2両編成セット(動力付き)




まずは、キハ200-551から。こちらはM車(モーター搭載)となっています。

もともとはキハ200グループのトップナンバー、キハ200-1だった車両です。
2022年4月にロングシートに改造され、+550を付されたキハ200-551となっています。

車内がロングシートのため、真横から眺めてもイスの背もたれは見えません。


分解してみました。
モーターの厚みがあるため、当たり前ですがメカイスにロングシーの表現はありません。



次は、キハ200-1551です。
こちらもロングシートに改造されているため、真横から見てもイスの背もたれは見えません。。。



で、車内を斜め上からみてみると・・・
車内のロングシートがちゃんと表現されていますね。


分解してみると、ちゃんとロングシートが表現されていますね。
グリーンマックスさんは、主要パーツを共用化されていて、工夫されてるなと思います。
(車両ごとに細かなディテールを分けるのは難しいかもしてませんが、この工夫で多品種に応用できるのであれば、いいアイデアだと思います。)



<31663> JR九州キハ200形(赤色・13+1013+12+1012)4両編成セット(動力付き)



最初はキハ200-13です。
こちらはオリジナルの転換クロスシート車です。サイドビューからも転換クロスの背もたれが確認できます。


分解すると、イスがずらりと並んでいますね。
イスパーツが2扉の想定なのか、中央扉の2席の背もたれがカットされているのがわかります。

共用パーツを加工してうまく活用されていますね。



次は、キハ200-1013です。
こちらは4両の中間に位置するため、ライトパーツは組み込まれていません。。。



続いて、キハ200-12です。このセットにおける動力車となっています。
車内が転換クロスなので、キハ200-551と違い、メカイスに背もたれが表現されていますね。


メカイスパーツは2扉クロスシート仕様の想定ですが、キハ200は3扉なので中央2席の背もたれはトレーラー車と同様カットされています。



最後、4両目はキハ200-1012です。




ライトチェックと編成ギャラリー



各セットとも外観チェックの次は、ライトチェックをしていきます。

<31662> JR九州キハ200形(赤色・551+1551)2両編成セット(動力付き)


キハ200-551

ヘッドライトOK


テールライトOK


キハ200-1551

ヘッドライトOK


テールライトもOK




<31663> JR九州キハ200形(赤色・13+1013+12+1012)4両編成セット(動力付き)



キハ200-13

ヘッドライトOK


テールライトもOK



キハ200-1012

ヘッドライトOK


テールライトもOK



次は、正面からライトチェックをしてみます。
左がキハ200-1012、右がキハ200-13です。


写真にとると、光漏れで両方点灯しているように見えますが、肉眼では光漏れはそこまで目立ちません。



斜めアップで。
こちらの方が肉眼で見た感じに近いです。

先ほどと同じく、左がキハ200-1012、右がキハ200-13です。


ヘッドライト、テールライトとも良好です。
キハ200-1012は、車体とスカートのすき間が少し目立ちますね。。。



GMのライト装着車は、ライト基板のスプリングによって車体とスカートの間が間延びしてしまう現象がありますが、スプリングを圧縮したり、下回りの湾曲を少し調整すれば改善することがあります。(このような調整は、自己責任で行うことになります。無理に力を加えると、パーツを折ったりすることもありますので、ある程度慣れが必要です。)



試運転



それでは、最後に試運転時の動画です。
素人でブレブレですが、ご容赦ください。。。



まずは、キハ200-13側から。



続いて、キハ200-1012側から。





それでは、ここまでお読みくださりありがとうございました。





-GreenMax