TOMIX

TOMIX 415-100系近郊電車(九州色) 試運転(トミックス 92581)


当車両センターの顔、415系。
2021年にKATOより九州色が発売されるまでは、TOMIXからのみ製品化されていた415系九州色。

当車両センターには、TOMIX415系100番台九州色の旧ロット(品番:92247)が4編成、最新ロット(品番:92581)が4編成、計8編成が在籍しています。

今回は最新ロット(と言っても2015年製)のうち、2編成の試運転をしましたので、ご紹介したいと思います。

T所長
T所長

今回ご紹介する車両たちです

  • <92581> JR 415-100系近郊電車(九州色)セット 発売日:2015年8月 当センター4編成在籍

 → メーカーHP:TOMIX JR 415-100系近郊電車(九州色)セット




2021年製の KATO 415系 九州色 試運転はこちら

関連記事




MicroAce

2024/7/14

マイクロエース 西鉄2000形(2021F)3扉化改造車 復刻旧社紋 6両セット レビュー(品番:A1897)2024年2月ロット

2024年2月、初回生産の2006年12月から約17年ぶり(※)に西鉄2000形が生産されました!(※ ) A1890は2012年1月の再生産から約12年ぶり今回は、西鉄2000形の全6編成のうち、さよなら運転で最後の花道を飾った2021F編成(A1897 復刻旧社紋)を取り上げます! 前回生産品からは、 前面ガラス、前面装飾部品をスッキリした見た目に改良 動力のフライホイール化に合わせてM車を3号車(20X3)から4号車(20X4)に変更 パンタグラフを改良 などのアップグレードがなされております! 実 ...

ReadMore

MicroAce

2024/7/13

マイクロエース 西鉄2000形(2031F)3扉化改造車 Nishitetsuマーク 6両セット レビュー(品番:A1896)2024年2月ロット

2024年2月、初回生産の2006年12月から約17年ぶり(※)に西鉄2000形が生産されました!(※ ) A1890は2012年1月の再生産から約12年ぶり今回は、西鉄2000形の全6編成のうち、最後の2編成として2010年まで残り、さよなら運転をした2021Fより一足先に引退した2031Fを取り上げます! 前回生産品からは、 前面ガラス、前面装飾部品をスッキリした見た目に改良 動力のフライホイール化に合わせてM車を3号車(20X3)から4号車(20X4)に変更 パンタグラフを改良 などのアップグレード ...

ReadMore

KATO

2024/6/24

KATO 381系100番台「くろしお」 6両基本セット・3両増結セット レビュー(品番:10-1868・10-1869)2023年11月ロット

2023年11月に、KATOより381系100番台「くろしお」がリニューアル新製品として発売されました。2024年6月現在では今更感はありますが、開封記録として撮影したデータがありましたのでアップします。九州モノではございませんが、既に定期運用を終了した国鉄形振り子特急381系100番台となりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ。 <10-1868> 381系100番台「くろしお」6両基本セット <10-1869> 381系100番台「くろしお」3両増結セット ブログラン ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/16

グリーンマックス BEC819系300番代+5300番代(香椎線)4両セット レビュー(品番:31786)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> 左から<31783><31785><3178&g ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/13

グリーンマックス BEC819系5300番代(香椎線)2両セット レビュー(品番:31785)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> ブログランキングに参加しております。よろしければ、ワン ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/12

グリーンマックス BEC819系0番代+100番代(香椎線)4両セット レビュー(品番:31784)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> ブログランキングに参加しております。よろしければ、ワン ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/10

グリーンマックス BEC819系100番代(若松線・香椎線) 2両セット レビュー(品番:31783)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> ブログランキングに参加しております。よろしければ、ワン ...

ReadMore

MicroAce

2024/5/28

マイクロエース 303系 K01編成 トイレ設置後 6両セット レビュー(品番:A2872)2024年3月ロット

2024年3月、筑肥線・福岡市営地下鉄で活躍する303系がマイクロエースより発売となりました。マイクロエースの303系といえば、初回製品化は2008年ですが、その後永らく生産されておらず、この度16年ぶりの生産となっております。今回、久しぶりに生産された303系を各車アップにて撮影してみました。また、動力を分解してみましたので、是非最後までご覧ください! 左:<A1021>103系1500番代 復活国鉄色 3両セット、右:<A2872>303系 K01編成 トイレ設置後 6両セット ブログラン ...

ReadMore

MicroAce

2024/5/24

マイクロエース 103系1500番台 復活国鉄色 レビュー(品番:A1021)2024年2月ロット

2024年2月、復活国鉄色をまとい筑肥線・唐津線で活躍する103系1500番台がマイクロエースより発売となりました。マイクロエースの103系1500番台といえば、初回製品化は2007年とロングセラーモデルとなっていますが、今回発売の製品は一体どのような出来なのでしょうか?各車アップにて撮影してみましたので、是非最後までご覧ください! 左:<31786>JR九州BEC819系300番代+5300番代、中:<A1021>103系1500番代 復活国鉄色 3両セット、右:<A2872>303系 K0 ...

ReadMore

KATO

2024/5/6

KATO 787系(旧製品) 難易度高めのクモロ分解 <アラウンド・ザ・九州> 2011年11月ロット(品番:10-590)

KATOのロングセラーモデルの787系ですが、再生産の度に細かなリニューアルがされているのをご存じでしょうか?カプラーのアップデート(自連型KATOカプラー→ジャンパ管付き密連型KATOカプラー)、ヘッドライト色のリニューアル(オレンジLED→電球色LED)、パンタグラフのアップデート(線バネ付き→なし)など、少しずつアップデートされているんですね。その中でも、4両編成のアラ九が発売される前までの、いわゆる旧製品と呼ばれる時代(品番10-590以前の製品)のクモロ、クモハは、スカートパーツのかみ合わせの関 ...

ReadMore




製品レビュー


パッケージ開封



それでは早速見ていきます。
当車両センター所属の4編成のうち、第1編成、第2編成を開封します。

<92581> JR 415-100系近郊電車(九州色)セット(当センター所属第1編成)



まずは、第1編成からみていきます。


パッケージは、TOMIX標準のブックケースとなっています。



紙スリーブの裏側です。左下に注意書きとリサイクルマークがあります。



ブックケースの背表紙です。

2015年当時のパッケージでは、バーコードの右上に税抜き定価を表す数値が印字されています。


紙スリーブを外しました。
HG(ハイグレード)ではないので、昔ながらのTOMIX寝台特急(EF66)のイラストとなっています。



パッケージ裏面です。
オプショナルパーツやリサイクル表示など記載されています。


こちらが開封したところ。
説明書と各種シール、車番インレタ、注意書きが封入されたビニール袋が見えます。



こちらは各種シールのアップです。
行先方向幕(左)と懐かしのヘッドマーク(タウンシャトル、マイタウン電車、有田陶器市号)となっています。



説明書裏面です。右下は製造年月と生産ロット番号が記載されています。





実はこちらのセット、発売直後に列車無線アンテナ穴開け治具に不具合があり、正式なパーツがTOMIXのアフターサービスより展開されました。

画像の封筒(左)と畳んだ紙箱(右)は、メーカーより送付を受けたものです。送付されたパーツはケースのパーツポケットに一緒に入れています。



メーカーから送付されたパーツに同封されていた説明書(お詫び)です。



なお、発売後に再度店頭に並んだ際は、下の画像左の補足説明書が同封されているようです。
メーカーHPよりダウンロードできます。)



さて、話を本線に戻します。

説明書等を取り除くと、車両たちが見えてきます。
上から、クハ411-100、モハ415-100、モハ414-100(M)、クハ411-200となっています。

ちなみに、TOMIXとKATOでは、415系を収納する向きが違っています。
KATOは上からクハ411-200、モハ414-100、モハ415-100、クハ411-100となっています。







画像右がパーツポケットです。付属品袋が納められています
先ほどのメーカー取り寄せパーツは、パーツポケットに一緒に入れています。



左がTOMIXから別途送付を受けたパーツ、右がもともと封入されていたパーツです。



上の画像のパーツを裏返したところです。

なお、穴開け治具は、列車無線アンテナを取りつけするときに使用するパーツとなっています。
穴開け加工が必要なので、上級者向きのパーツです。



<92581> JR 415-100系近郊電車(九州色)セット(当センター所属第2編成)



次は、当センター所属の第2編成を見ていきます。
全く同じ製品ですので、先ほどご紹介した内容と同じです。。。


TOMIX標準のブックケースです。



紙スリーブ裏側です。

紙スリーブに斑点のような模様が見えるかと思います。

こちらは、Joshinさんの通販で購入した際、大粒エアーの緩衝材に直接くるまれていて、輸送の際にこすれてできたものです。
以前もお話しましたが、この当時のJoshinさんの梱包は、一番最初期の梱包から簡素化され、このようにちょっといただけない感じになっていました。

今は、しっかりとした梱包になっているのでこのようなことはないですが、届いた段ボールを開けたらパッケージに斑点模様がついている、という状況でしたので、当時はがっかりしたものです。
(特に、TOMIXさんの紙スリーブはこのような傷がつきやすい印象があります。)




こちらは開封したところです。
第1編成と変わりありません。(当たり前ですが・・・)



当然、こちらも追加パーツをメーカーへ請求し、取り寄せています。



こちらは、パーツポケットの右側にメーカー取り寄せパーツを入れています。

車両の並びは、第1編成と同じく、上から、クハ411-100、モハ415-100、モハ414-100(M)、クハ411-200となっています。



サイドビュー



それでは、各車両のサイドビューです。
基本セット、増結セット別にみていきます。



<92581> JR 415-100系近郊電車(九州色)セット(当センター所属第1編成)


クハ411-100






モハ415-100






モハ414-100(M)






クハ411-200






<92581> JR 415-100系近郊電車(九州色)セット(当センター所属第2編成)



第1編成と全く同じセットですので、当然内容も同じとなりますが、せっかくですのでご紹介します。

クハ411-100






モハ415-100






モハ414-100(M)






クハ411-200






ライトチェック



外観チェックの次は、ライトチェックをしていきます。


まずは、ヘッドライトの確認です。
左から、第1編成(クハ411-100、クハ411-200)、第2編成(クハ411-100、クハ411-200)となっています。

2015年製のため、ヘッドライトは電球色LED仕様ですが、方向幕も電球色での点灯です・・・


次に、テールライトです。
こちらも左から、第1編成(クハ411-100、クハ411-200)、第2編成(クハ411-100、クハ411-200)となっています。

テールライトも綺麗に点灯してくれます。なお、こちらも方向幕は電球色での点灯です・・・。


ヘッドライトとテールライトを交互に点灯させてみます。
左から、第1編成(クハ411-100、クハ411-200)、第2編成(クハ411-100、クハ411-200)となっています。




ギャラリー


編成レビュー



クハ411-100(第1編成)を先頭にした8両編成



8両編成最後尾のクハ411-100(第1編成)



クハ411-200(第2編成)を先頭にした8両編成



8両編成最後尾のクハ411-200(第2編成)





4両編成を俯瞰したところです。


真上から俯瞰します


反対側から俯瞰します。

TOMIXの415-100系九州色は、ベンチレーター撤去前の時代を再現しているため、屋根上がにぎやかになっています。



ディテール





屋根上は、ベンチレーター撤去前で再現(というか屋根パーツを新製していない・・・)されており、にぎやかです。



モハ414-100です。
パンタ周りの作りは1990年前後から変わっていません。


そもそも設計年度が違うので、比較するのは酷ですが、2021年製AKTO415系九州色は、ガイシが緑色別パーツで再現されており、TOMIX製はそれと比べると見劣りがしてしまします。

なお、あくまで比較すれば・・・なので、製品そのものに不満があるわけではないですよ、当車両センター一番のお気に入り車両となっています。




クハ同士の連結面です。
この連結が好きなので、何枚も撮ってしまいました。。。。


左がクハ411-200(第1編成)、右がクハ411-100(第2編成)です。



同じく左がクハ411-200(第1編成)、右がクハ411-100(第2編成)です。


同じく左がクハ411-200(第1編成)、右がクハ411-100(第2編成)です。


同じく左がクハ411-200(第1編成)、右がクハ411-100(第2編成)です。

連結面に幌は取り付けられていません。
JR九州の415系は先頭貫通路は使われていませんでしたので、実車でもこんな感じになっています。

どこからどう見ても九州の415系となっています。


試運転



それでは、最後に試運転時の動画です。
素人でブレブレですが、ご容赦ください。。。


クハ411-100を先頭とする8両編成(クハ411-200のトイレ側)


クハ411-100を先頭とする8両編成(クハ411-200のトイレ反対側)


KATO・TOMIX 415系九州色の共演






それでは、ここまでお読みくださりありがとうございました。





-TOMIX