TOMIX

JR九州 475系電車(九州色、復活国鉄色) 11年ぶりの試運転(TOMIX 92311、92955)


2023年5月にTOMIXさんより「453系ときわ」が発売されるようです。

 ・TOMIX 98520 国鉄 453系急行電車(ときわ)基本セット
 ・TOMIX 98521 国鉄 453系急行電車(ときわ)増結セット

国鉄好きにはたまらない製品ですね。。。


KATOさんからも455系、475系各種がフルリニューアルされるようです。

・10-1632 455系 急行「まつしま」 7両セット
・10-1633 455系 急行「ばんだい」 6両セット
 → メーカーHP:455系 急行「まつしま」 / 「ばんだい」

・10-1634 475系 急行「立山・ゆのくに」 6両基本セット
・10-1635 475系 急行「立山・ゆのくに」 6両増結セット
 → メーカーHP:475系 急行「立山・ゆのくに」

こちらはフルリニューアルなので、どのような出来になるか楽しみですね。



さて、国鉄急行型つながりということで、当車両センターには、九州で活躍していたTOMIX製の475系が6編成在籍しています。

・4編成在籍 <92311> JR 475系電車(JR九州色)セット 発売日:2008年5月 
・2編成在籍 <92955> JR 475系電車(JR九州・復活国鉄色)セット 発売日:2008年5月

当車両センター在籍の475系九州色(第2~4編成)、復活国鉄色(第2編成)の様子。それぞれ第1編成は別の場所で保管中です。。。


これらの車両たちは、もう15年前(2023年時点)に発売された製品ですので、今ではなかなか店頭で見かけることもないかと思います。

今回も久しぶりシリーズということで、11年ぶりに試運転をしてみましたので、その様子をご案内したいと思います。
ぜひ、最後までご覧いただければと思います。



2003年製のKATO475系試運転はこちら

関連記事




MicroAce

2024/7/14

マイクロエース 西鉄2000形(2021F)3扉化改造車 復刻旧社紋 6両セット レビュー(品番:A1897)2024年2月ロット

2024年2月、初回生産の2006年12月から約17年ぶり(※)に西鉄2000形が生産されました!(※ ) A1890は2012年1月の再生産から約12年ぶり今回は、西鉄2000形の全6編成のうち、さよなら運転で最後の花道を飾った2021F編成(A1897 復刻旧社紋)を取り上げます! 前回生産品からは、 前面ガラス、前面装飾部品をスッキリした見た目に改良 動力のフライホイール化に合わせてM車を3号車(20X3)から4号車(20X4)に変更 パンタグラフを改良 などのアップグレードがなされております! 実 ...

ReadMore

MicroAce

2024/7/13

マイクロエース 西鉄2000形(2031F)3扉化改造車 Nishitetsuマーク 6両セット レビュー(品番:A1896)2024年2月ロット

2024年2月、初回生産の2006年12月から約17年ぶり(※)に西鉄2000形が生産されました!(※ ) A1890は2012年1月の再生産から約12年ぶり今回は、西鉄2000形の全6編成のうち、最後の2編成として2010年まで残り、さよなら運転をした2021Fより一足先に引退した2031Fを取り上げます! 前回生産品からは、 前面ガラス、前面装飾部品をスッキリした見た目に改良 動力のフライホイール化に合わせてM車を3号車(20X3)から4号車(20X4)に変更 パンタグラフを改良 などのアップグレード ...

ReadMore

KATO

2024/6/24

KATO 381系100番台「くろしお」 6両基本セット・3両増結セット レビュー(品番:10-1868・10-1869)2023年11月ロット

2023年11月に、KATOより381系100番台「くろしお」がリニューアル新製品として発売されました。2024年6月現在では今更感はありますが、開封記録として撮影したデータがありましたのでアップします。九州モノではございませんが、既に定期運用を終了した国鉄形振り子特急381系100番台となりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ。 <10-1868> 381系100番台「くろしお」6両基本セット <10-1869> 381系100番台「くろしお」3両増結セット ブログラン ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/16

グリーンマックス BEC819系300番代+5300番代(香椎線)4両セット レビュー(品番:31786)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> 左から<31783><31785><3178&g ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/13

グリーンマックス BEC819系5300番代(香椎線)2両セット レビュー(品番:31785)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> ブログランキングに参加しております。よろしければ、ワン ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/12

グリーンマックス BEC819系0番代+100番代(香椎線)4両セット レビュー(品番:31784)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> ブログランキングに参加しております。よろしければ、ワン ...

ReadMore

GreenMax

2024/6/10

グリーンマックス BEC819系100番代(若松線・香椎線) 2両セット レビュー(品番:31783)2024年2月ロット

2024年2月、若松線・香椎線で活躍する819系がグリーンマックスより発売となりました。グリーンマックスの819系の初回製品化は2018年ですが、実車の改造と合わせて多くのバリエーションが展開せれているモデルとしても有名です。今回、2024年2月時点でより現在の姿に近い形で4種の製品がリリースさておりますので、それぞれ見ていきたいと思います。 左から<31783><31785><3178><31786> ブログランキングに参加しております。よろしければ、ワン ...

ReadMore

MicroAce

2024/5/28

マイクロエース 303系 K01編成 トイレ設置後 6両セット レビュー(品番:A2872)2024年3月ロット

2024年3月、筑肥線・福岡市営地下鉄で活躍する303系がマイクロエースより発売となりました。マイクロエースの303系といえば、初回製品化は2008年ですが、その後永らく生産されておらず、この度16年ぶりの生産となっております。今回、久しぶりに生産された303系を各車アップにて撮影してみました。また、動力を分解してみましたので、是非最後までご覧ください! 左:<A1021>103系1500番代 復活国鉄色 3両セット、右:<A2872>303系 K01編成 トイレ設置後 6両セット ブログラン ...

ReadMore

MicroAce

2024/5/24

マイクロエース 103系1500番台 復活国鉄色 レビュー(品番:A1021)2024年2月ロット

2024年2月、復活国鉄色をまとい筑肥線・唐津線で活躍する103系1500番台がマイクロエースより発売となりました。マイクロエースの103系1500番台といえば、初回製品化は2007年とロングセラーモデルとなっていますが、今回発売の製品は一体どのような出来なのでしょうか?各車アップにて撮影してみましたので、是非最後までご覧ください! 左:<31786>JR九州BEC819系300番代+5300番代、中:<A1021>103系1500番代 復活国鉄色 3両セット、右:<A2872>303系 K0 ...

ReadMore

KATO

2024/5/6

KATO 787系(旧製品) 難易度高めのクモロ分解 <アラウンド・ザ・九州> 2011年11月ロット(品番:10-590)

KATOのロングセラーモデルの787系ですが、再生産の度に細かなリニューアルがされているのをご存じでしょうか?カプラーのアップデート(自連型KATOカプラー→ジャンパ管付き密連型KATOカプラー)、ヘッドライト色のリニューアル(オレンジLED→電球色LED)、パンタグラフのアップデート(線バネ付き→なし)など、少しずつアップデートされているんですね。その中でも、4両編成のアラ九が発売される前までの、いわゆる旧製品と呼ばれる時代(品番10-590以前の製品)のクモロ、クモハは、スカートパーツのかみ合わせの関 ...

ReadMore




製品レビュー


パッケージ開封



それでは、九州色、復活国鉄色のそれぞれでご紹介します。

<92311> JR 475系電車(JR九州色)セット



まずは、JR 475系電車(JR九州色)セットからみていきます。
メーカーの製品情報ページはこちら


パッケージは、TOMIX標準のブックケースとなっています。
HGですので、紙スリーブはグレーとなっています。(通常品は青)



紙スリーブの裏側です。時代とともに、注意書きの書体やリサイクルマークも少しずつ変化してきています。



紙スリーブを外したところです。
475系九州色のイラストがかっこいいです。まるで新製時のよう。



裏面には、ライト、モーターなどの機能表示や、オプショナルパーツが記載されています。
そのほか、材質表示やロット番号なども記載されています。



ブックケースの背表紙です。
このころは、バーコードの右上に、税抜定価が記載されていました。



こちらが開封したところ。
黄色い注意書きと、説明書、車番インレタ、方向幕シールが封入されています。

左下に「92311 No.2」のタグをつけているのは、この車両たちが当車両センター475系(92311)全4編成のうちの第2編成ということです。


上から、クモハ475、モハ474、クハ455となっています。
車両右側のポケットには、たくさんの付属品が封入されています。

帯の写真がすごくいいです。古き良き時代を感じさせます。


付属品袋です。



上の写真のパーツ袋を裏側から。



上のパーツ袋には、ボディと同色のタイフォンが封入されています。
下のパーツ袋には、スノープロウ、トイレタンク等(黒いパーツ)、検電アンテナ、幌枠(グレー)が封入されています。


個人的には、検電アンテナやタイフォンは、最初から取り付けてくれてたらいいのに・・・と思います。



<92955> JR 475系電車(JR九州・復活国鉄色)セット



次は、JR 475系電車(復活国鉄色)セットをみていきます。
(限定品のため、現在メーカーHPに記載がありません。)


こちらもTOMIX標準ブックケースとなっています。
紙スリーブはHG仕様のグレーです。



紙スリーブの裏側。九州色セットと変わりありません。



こちらもイラストが素敵です。
こちらは限定品なので、商品名に「限定品」マークが付されています。



ブックケース裏面です。九州色と同様、製品仕様やオプション、材質表示などが記載されています。



ブックケース背表紙です。品名横には「限定品」マークが付されています。
九州色と同様、バーコードの上には、税抜定価が記載されています。



こちらが開封したところ。
黄色い注意書きと、説明書、アンケートはがき、方向幕シールが封入されています。
(Gk-5編成の車番が印刷済みのため、車番インレタは付属していません。)



上から、クモハ475-5、モハ474-5、クハ455-16となっています。
車両右のパーツポケットに付属パーツが納められています。

こちらも帯の写真がいいです。日豊本線大淀川橋梁を快走するGk-5編成ですね。


付属パーツです。



パーツを裏返して撮影。

上のパーツ袋には、スノープロウ、トイレタンク等(黒いパーツ)、検電アンテナ、幌枠(グレー)が封入されています。
下のパーツ袋には、ボディと同色のタイフォンが封入されています。

個人的には、検電アンテナやタイフォンは、最初から取り付けてくれてたらいいのに・・・と思います。

TOMIXの検電アンテナパーツですが、昔のように補修パーツとしてアンテナのみ5個入りで販売されていればいいのですが、今はランナーパーツになっていて(いらないパーツがついてくる)、1つのランナーに検電アンテナは3つしかついてないんですよね・・・

(415系1500番台のアンテナは「品番:JA01」としてアンテナのみのパーツがあります。)



サイドビュー



それでは、各車両のサイドビューです。
こちらも九州色、復活国鉄色のそれぞれでご紹介します。

<92311> JR 475系電車(JR九州色)セット


クモハ475






モハ474






クハ455






<92955> JR 475系電車(JR九州・復活国鉄色)セット



Gk-5編成は、2000年にミレニアム塗装として国鉄色に復元塗装された編成で、国鉄色ながらヘッドライトがシールドビームとなっていることなどが特徴です。

クモハ475-5






モハ474-5






クハ455-16






ライトチェック



各セットとも外観チェックの次は、ライトチェックをしていきます。


クモハ475 九州色(左)、クモハ475-5 復活国鉄色(右)
両セットとも、ヘッドライトはシールドビームとなっています。



クハ455-16 復活国鉄色(左)、クハ455 九州色(右)

この当時のライト基板は常点灯ながら電球仕様のため、今のLEDのように明るくはありません。国鉄色のテールライトは、ボディの茶と同系色で電球の輝度ですので、正面から見ないと点灯状態がわかりにくいです。。。



クモハ475 九州色(左)、クモハ475-5 復活国鉄色(右)



クハ455-16 復活国鉄色(左)、クハ455 九州色(右)



2008年製ですが、15年経った今でもヘッドライト、テールライトとも、問題なく点灯してくれます。(2023年現在)




ギャラリー


編成レビュー



クモハ475 九州色



クハ455 九州色



クモハ475-5 復活国鉄色



クハ455-16 復活国鉄色


曲線走行



カーブを走行する475系(クモハ側より撮影)



カーブを走行する475系(クハ側より撮影)


九州色・復活国鉄色の連結




ディテール



クモハ側より
屋根上は先頭部の主電動機冷却風取入口を除き、ベンチレーターが撤去されていてすっきりしています。


クハ側より
こちらは付随制御者のため、全てのベンチレーターが撤去されており、さらにすっきりとした屋根上です。



左から、クモハ、モハ、クハの並びです。
モハは交直流の屋根上でパンタ側はにぎやかですが、クーラーをはさんで反対側はベンチレーターが撤去されておりスッキリとした屋根上です。



左から、クハ、モハ、クモハです。
クモハは先頭部屋根上の空気取入口が特徴となっています。


編成真上から撮影。
左から、クハ、モハ、クモハです。




試運転



それでは、最後に試運転時の動画です。
素人でブレブレですが、ご容赦ください。。。









それでは、ここまでお読みくださりありがとうございました。





-TOMIX